ski boots 事情

 

最近まで、ノルディック系を除いてスキーブーツと言えば、迷いもせず規格が決まっていました。テレマークもありましたし、山スキーというジャンルもありましたが、棲み分けが完全にできていて混乱はありませんでした。 ですが、今や一般に売られているスキー靴(Ski boots)の種類というか規格は、3つの規格の間を埋めるように5種類となり、共用のブーツも出てきていたりもしてわかりにくくなっています。これは、AT(Alpine Touring)やBC(back country)が流行ってきたことから、道具の進歩が加速している為でもあります。今後、BC(Back Country)を検討している人は、知っていて損はないイマドキのブーツの種類について解説します。

[…]

信州スノーキッズ倶楽部

信州にスキーに行く方で小学生のお子様を持つ方向けの情報です。

Marker Kingpin

Marker Kingpin image

いよいよ、AT(pin tech) bindingにMarkerも参戦します。

New AT(Alpine Touring) ski

AT(Alpine Touring) Ski、日本で言うところの山スキー用の装備についてです。

[…]

AFTERGLOW

LEDをまとったスキーヤーが滑走する幻想的な映像。 是非、一度、ご覧下さい。

ヘルマン・マイヤーがオーストリアサッカー連盟メンタルコーチに就任

オーストリアサッカー連盟がヘルマン・マイヤーをEuro 2016を前にメンタルコーチに就任したそうです。 Sweden戦は来週からということで、結果が出たら凄いですね。

元記事:Times Colonist

Loving Hokkaido powder.

こんな素敵な写真がTwitterに!

Freestyle ski @ Sochi2014

そろそろ、冬。冬と言えばスキー。 今シーズンはソチオリンピックが開催されますが、フリースタイルスキーは 新たに2つの種目が加わり、全部で5種目になるのは知っていますか?

 

 

 

 

 

バックカントリー用ビンディング

Marker Duke EPF

バックカントリー用モデルを出しているビンディングメーカーはMarkerだけでしたが、 今年からSalomonやTyroliaもバックカントリー用モデルを投入してきました。

[…]

新レギュレーションは安全?

今日、Soelden(AUT)で、今シーズンのレース開幕します。

今シーズンから適用される新レギュレーションについて、FISは「怪我のリスクを減らしより安全になる」と発表していますが、それについてメーカーやトップ選手も含む200人近くの選手は疑問を呈しているとのこと。

Ted Ligety(US)は「今回の変更は時計を元に戻すようなものだ」とBlogに記しています。

GSで男子の板の長さは185cm以上から195cm以上に、女子は180cm以上から、188cm以上に変更。回転半径は男子が27m以上から35m以上に、女子で23m以上から、30m以上に変更。

この変更に

より、体重が重いスキーヤーが有利になり、雪のコンディションが大きく影響を与えるようになると考えられています。今日のレースは日本女子選手も3名エントリーリストにありますが、少し不利になってるのかもしれません。

本当に安全になるかということもありますが、進んだ針を戻すのは難しいかもしれないですね。

元記事:Yahoo! NZ Sport