講演会 2017/18シーズン

講演会のお知らせです。
Continue reading 講演会 2017/18シーズン

平成30年度 クラブ総会

Continue reading 平成30年度 クラブ総会

2017シーズン浦佐合宿

クラブ員用の合宿の案内です。
Continue reading 2017シーズン浦佐合宿

3月一の瀬スキースクール(2016/17シーズン)

3月に志賀高原一の瀬スキー場で開催するスキースクールの案内です。

Continue reading 3月一の瀬スキースクール(2016/17シーズン)

12月一の瀬スキースクール(2016/17シーズン)

12月に志賀高原一の瀬スキー場で開催するスキースクールの案内です。

Continue reading 12月一の瀬スキースクール(2016/17シーズン)

3月志賀高原一の瀬スキースクール(2015/16シーズン)

3月に志賀高原一の瀬スキー場で開催するスキースクールの案内です。

Continue reading 3月志賀高原一の瀬スキースクール(2015/16シーズン)

12月志賀高原一の瀬スキースクール(2015/16シーズン)

12月に志賀高原一の瀬スキー場で開催するスキースクールの案内です。

Continue reading 12月志賀高原一の瀬スキースクール(2015/16シーズン)

指導員資格喪失について

SAJの規定が変更され、資格の喪失規定が変更となり、現在、下記の規定となっています。
「資格の年次登録料を納期までに納入しないとき。」
年次登録料を納入しない場合
以前は資格の停止だったのですが、喪失と変更になっており注意が必要です。

規約については、下記のURLでも確認できます。
http://www.sat.or.jp/kyouiku/kenteishikaku.html

2016年度総会

Continue reading 2016年度総会

ski boots 事情

 

最近まで、ノルディック系を除いてスキーブーツと言えば、迷いもせず規格が決まっていました。テレマークもありましたし、山スキーというジャンルもありましたが、棲み分けが完全にできていて混乱はありませんでした。
ですが、今や一般に売られているスキー靴(Ski boots)の種類というか規格は、3つの規格の間を埋めるように5種類となり、共用のブーツも出てきていたりもしてわかりにくくなっています。これは、AT(Alpine Touring)やBC(back country)が流行ってきたことから、道具の進歩が加速している為でもあります。今後、BC(Back Country)を検討している人は、知っていて損はないイマドキのブーツの種類について解説します。

Continue reading ski boots 事情